LINE

中古農機具買取相場

農機具を買い取ってもらいたい!と思ったとき、何より気になるのが買取相場ですよね。
率直にいうとどの程度のお金になるのか気になることだと思います。

ウルトラファームは、独自の販売網があるため、高価買取が可能です。ぜひご検討ください。
では、中古農機具の買取相場を見ていきましょう。

クボタのコンバインが50万円!?クボタは強い!

まず、最近買取実績があったものから見ていきましょう。コンバイン

・クボタ コンバイン ARN219GDXW 50万円

という買取実績があります。

三菱、ヤンマー、コマツなど、さまざまな農機具メーカーがありますが、もっとも買取に強いのはクボタの傾向があります。

もし周りにクボタの農機具の売却を考えている方がいらっしゃるときは、ぜひウルトラファームをご紹介ください!!
高価買取をさせていただきます。

なぜ農機具は買取相場が高いの?

車のケースを考えてみましょう。
車は経年劣化する傾向があり、時間とともに買取相場は落ちていきます。
買取相場は一般的に中古マーケットが確立している場合、どこで売っても誰に売っても同じ価格になります。

しかし、車は走れば走るほど、エンジン周りにトラブルが出てきます。エンジンの寿命も近づき、他の部品も劣化していきます。
そして古くなって最後は走行ができなくなってしまいます。

よって中古車は時間が経てば経つほど、相場が落ちていきます。
買取価格がどんどん下がっていき最後には、ほとんど価値がなくなります。
実は中古車も、廃車寸前でも動けばパーツ取りなどに使えるため、価値がゼロ円ということはほぼありません。水没車や火災で黒焦げになった車はさすがに買取できないのですが、車は一般的にどのような車でも中古車ニーズはあります。

では、農機具のケースを考えてみましょう。

農機具は、車と違い、土の上でゆっくりと動かすものです。そのため、それほどエンジンに負担がかかりません。
しかし自然の中で活躍する車なので、炎天下にさらされることや暴風雨の中でも動かすことがあるため、かなり頑丈にできています。
なので、車のようにあまり経年劣化することもなく、部品の摩耗をかなり少ないため、買取相場があまり下がることがありません。

農機具は新古品であれば買取相場は新品の90%前後で、10年程度であれば半額くらい、さらに20年、30年経ったものでも買取が可能です。
あまり市場価値が落ちないのが農機具の特徴です。

20年、30年経っていても、数十万円で売れることがあり、ウルトラファームで査定をさせていただいたお客様から喜びのお声をいただくことも少なくありません。

中古農機具の買取相場を見てみよう

では、クボタがわかったところで、他の買取相場も見てみましょう。

  • 三菱のトラクター MT2201が20万円
  • ヤンマーの田植え機 RJ5U-ZFが30万円
  • コマツのチッパー粉砕機 SR110-1が27,000円
  • クボタの発動機 GS200-2Gが15,000円
  • 丸山製作所の噴霧器 MS310ESLが41,000円

といった買取実績があります。
※年式や状態などにより買取価格は変動いたします。

購入額は200万~2,000万円といったところなので、だいたい5%前後の買取額ということになります。これを高いと思うか安いと思うかは、その方次第なのですが、農機具の買取相場としてはこのぐらいの水準になります。

トラクター

ウルトラファームはなぜ買取価格の相場が高いの?

ではなぜ、ウルトラファームは農機具の買取相場が高いのでしょうか。
それはまず、独自のデータ分析を行っており、オリジナリティあふれるプラス加点をさせていただいているからです。

ウルトラファームでは、できる限り買い取った農機具は早期に売却することを心がけています。
国内だけでなく、海外にも幅広い販路をもったウルトラファームでは在庫を多く抱える事なく早期売却が可能です。
そのため、保管場所やメンテナンス代など各種経費を抑えて再版することができるので、抑えた経費を高価買取が可能になります。

中古農機具の買取相場では、やはり市場価格に加えて、諸経費なども発生します。そしてビジネスで買取を行っているわけですから、どうしても利益率なども考えなくてはなりません。そこで多少は利益を乗せなくてはならないのですが、なにせ回転が早いので、多くの農機具を買い取っては修理して売る、ということができます。

そのため比較的、一台一台の査定にこだわらず、高値で多くのものを買い取っていくことができるのです。そして買取価格がかなり高めになりますので、ウルトラファームに買取を希望してるお客様には、メリットが甚大なのです。

農機具のメンテナンス可能なウルトラファームなら買取相場を高めてくれる

ウルトラファームなら、自社でメンテナンスも可能です。
自分たちで買い取った農機具を集めて、専門の知識と技術を持ったスタッフが確実にメンテナンスしてくれます。

その結果、ウルトラファームは買取価格が高いだけでなく、売却価格もかなり高くなります。高く買って付加価値をつけてさらに高く売る。
これができるので、ウルトラファームの農機具中古買取相場は高くなるのです。

ウルトラファームが他社よりも高くなるのはそのためです。ただし、確実に質は良いものとなりますので、壊れづらく、新品と変わ買取相場らない動作性を持っているので、次のお客様にも喜ばれています。農機具はピカピカに磨かれてメンテナンスされますので、「新品の農機具には手が出ないけど、少し古くても良いから質の良いものが買いたい」といったニーズを持ってる方々に最適なのです。

よって、ウルトラファームでは高く買うことができます。ウルトラファームよりも他社の見積もりが1円でも高い場合はご相談ください。他社より低いということはほとんどないと思いますが、「他社さんで○○万円っていわれたのだけれど」とお伝えしてくだされば、ウルトラファームでもただちに価格が揃えられるか検討いたします。

そのため、ウルトラファームではかなり買取相場が高くなっています。

「えっ、こんな価格で買い取ってくれるの?」と驚かれることは間違いないのではないでしょうか。

多数の販売先から最高の高値をつけてくれた先に売ることができる

海外のバイヤー、国内の農家さん、そして業者。これらの販売ネットワークをウルトラファームでは持っています。国内の販売経路だけでも450店舗以上の販売経路があります。海外は76カ国で、買い取った農機具はほとんどが売れていくと言っても良いでしょう。

そして、できる限り早期に売却することを目指していますので、海外のバイヤーや国内の個人で農機具を希望してる農家さんと話し合って、早期に売却します。あなたから買い取った農機具は、このようにしてメンテナンスをへて、付加価値が与えられて世界中に輸出されたり、国内で新たに利用されたりするのです。

付加価値が加えられて高値で売られるため、買取相場も高くなるのです。

買取相場を上げる方法

では、ウルトラファームでよくチェックしている買取相場を高める方法をご紹介しましょう。

まずメーカーや型式となります。
どのようなメーカーのなんという機械かどうかで、いくらで売れるかは大きく異なってきます。
ほとんどのメーカーの品がめったに壊れないので、性能を重視するためにもメーカー名と型式名には非常にこだわられます。あたらしく買われる方も、メーカー名と型式名で検討されますので、人気のあるモデルであれば、なおのこと相場が高くなります。

キャタピラやタイヤの状態もとても重要です。
キャタピタとタイヤは、いざ交換しようとするとかなりお金がかかる部品であることをご存知ですか?
そのため、キャタピラとタイヤは稼働可能な状態が望ましく、パンクなどの問題があると買取額に影響してしまいます。

そしてアワーメーター
海外のバイヤーはアワーメーターを気にしませんが、国内で販売する場合はアワーメーターも重要なポイントとなります。アワーメーター
車と同様、結構時間が経過していると、かなりのダメージにつながっていることがあるからです。もちろん、農機具と中古車は異なるものなので、あまりアワーメーターは関係ないのは事実です。しかし消耗品部分はウルトラファームで交換していますし、メンテナンスもしています。つまりかなりキレイになった状態でお手元に届くため、売却額が自然と高くなり、買取相場もアップするのです。

そしてエンジンの状態も大切です。
エンジンが動くか、そしてしっかりメンテナンスされているかは、買取相場を大きく左右します。動いているか壊れているかで相場が異なるのは当然ですよね。しかしここは素人ではなおしようがないものなので、そのまま現状渡しするしかありません。壊れそうなのであれば、あらかじめ注意が必要です。

外装の程度なども特に国内のお客さんは気にされます。
ウルトラファームは安く買い取って安く売るということをしていませんので、高値買取、高値売却を目指しています。そのため、外装がどの程度新しいかはとても重要なのです。

仕様も気にされることがありますし、農家の人が好む農機具オプションがついていたら、相場は高くなります。
平均的な農家さんが好むオプションの方が、高値買取につながる可能性が高いのです。ここは車とは異なる点です。車の場合は、通好みのオプションがついていても、広い日本のどこかには同じような好みの傾向を持った人がいるものですが、農機具の場合は、広く一般的に農家が求めるオプションがついていたほうが好まれます。

これは中古車のマーケットより農機具のマーケットのほうが狭いため、仕方ないものなのかもしれません。

農機具買取の相場が左右される要因

農機具の相場は何に左右されるのでしょうか。

実は、シーズンによっても農機具の相場は異なるのです。それはやはり、需要が異なってくるので、シーズンごとにこれが売れる、あれが売れない、というのはあります。もちろん田植えシーズンの前には田植え機が売れますし、刈り取りの時期には精米機が売れます。

こうした季節によって売れるものが異なってくるため、お持ちの農機具を高く売ろうと思ったら、ぜひウルトラファームに高く売れる時期はいつか、お問い合わせください。幸いなことに農機具は時間の経過があまり関係のない商材のため、1年売るのを遅らせた程度では、買取相場が下落しません。

ウルトラファームは買取相場を高値でお約束いたします。
お気軽にお問合せください。

ウルトラファーム出張買取の流れ

お問い合わせ・出張買取依頼

出張買取フォーム、またはお電話にてお気軽にお問い合わせください。専任スタッフより折り返しご連絡いたします。
査定内容のご確認や、訪問日時を確定させていただきます。

お問い合わせ・出張買取依頼

1

次のステップへ
農機具の保管場所にて査定

知識豊富な専門鑑定士が、保管先にお伺いし、1点1点丁寧に査定いたします。

[ 高価買取ポイント ]
洗車いただいていると、状態把握がしやすく査定がスムーズになります。

農機具の保管場所にて査定

2

最後のステップへ
その場で現金にてお支払い

査定金額にご納得いただけましたら、その場で現金いてお支払いいたします。もし金額にご納得いただけなくてもキャンセルOK!
キャンセル費用はかかりません。

その場で現金にてお支払い

3

農機具買取専門出張買取サービス
※離島等一部地域を除く

故障や年式の古いもの、
パーツ売りでも
お気軽にご相談ください

0120-948-282

【受付時間】9:00~19:00
営業カレンダー

農機具買取専門出張買取サービス
※離島等一部地域を除く
LINE査定も好評実施中!友だち追加して3ステップの簡単査定!

株式会社ULTRA WIDE
古物商許可証番号
大阪府公安委員会第621010150402号
岡山県公安委員会第721060017779号
和歌山県公安委員会第651040004184号
京都府公安委員会第612231830001号
© ウルトラファーム All Rights Reserved.